パソコンでデータ消去を確実にする方法

パソコンでは、ファイルを選択して、右クリックを押して削除を選択すると、データがゴミ箱に移動します。しかし、ゴミ箱に移ったファイルは、まだハードディスク上に残っている状態です。いつでも元に戻せてしまいます。データをハードディスク上から消すには、ゴミ箱フォルダを右クリックして、ゴミ箱を空にするを選択する必要があります。ゴミ箱からもデータを削除すると、データは消えて、ハードディスクの容量がその分だけ空くことになります。しかし、データを消してからすぐの状態では、復元ソフトなどを使用して、ファイルを復元することができます。もちろん、完全に復元することは難しいですが、画像データのように、小さなファイルなら、完全に復元できてしまうことがあります。また、データ復元を業者に依頼すると、復元の精度はさらに上がります。データを復元できないくらいまで完全に消すには、ハードディスクを物理的に破壊することが確実ですが、市販のデータ消去のソフトを使っても、復元することが難しいレベルにまでデータ消去を行うことができます。

パソコンのデータ消去を確実に行うために

個人で使っているパソコンのデータ消去を行うのは割と簡単です。パソコンのふたを開けて、中のハードディスクを取り出します。それからハードディスクのネジを外して中の円盤を見えるようにします。その後は、ディスクを庭の石にでも叩きつければデータの復元は難しいものになります。ハードディスクのネジは星型や三角形の物があるので、それに合ったドライバーを用意しなければなりません。もっと確実にするには、焼却炉などに入れて、しばらく加熱しておきます。そうすると、ディスクに記録されている磁化方向がバラバラになってしまうので、データは消去されます。簡易な方法を選ぶのであれば、データの消去ソフトを使うことです。これは空のデータを数回書き込むことで、記録されていた個人データを確実に消去してくれます。企業において仕事用のパソコンのデータ消去をするときは、業者に頼むべきでしょう。優良な業者であれば、データを消去、またはハードディスクを滅却したという証明書を発行してくれるので、後で問題になったときに対応が楽になります。

パソコンのデータ消去をおこなう方法

パソコンに大事なデータを保存しているのならば、破棄するときには気をつけなければいけません。きちんとデータ消去しないまま破棄したのでは、悪意のある人間に復旧されてしまって、トラブルに巻き込まれる可能性があるからです。データを消すときには、デスクトップ上にあるゴミ箱にいれて消去を完了させてしまっている方もいるでしょう。しかし、このやり方では完全に消されてはおらず、表からデータを見えなくしただけの形になっています。そのため、ソフトウェアなどを利用して、復旧させてやれば、元通り表にデータが復活します。これを避けるためには、もとのデータがあった場所に新たなデータを上書きしてしまう必要があるでしょう。そうすれば、以前のデータを完全に潰してしまえるので、二度と表に現れることはなくなります。そのためのソフトウェアが無料でダウンロードできるようになっているため、破棄するときには必ず利用しましょう。